無断で英歌詞のフリガナをupすると著作権法に引っかかる

クリスマスの定番ソングの英歌詞にフリガナを打ったところ、子供でも上手に歌えたため紹介したかったのですが、無断で歌詞のフリガナをupすると著作権法に引っかかることがわかりました。

クリスマスの定番ソング「ジングルベルロック」

雪遊びのイラストクリスマスの定番曲は「ジングルベル」のようにアップテンポで楽しくなる曲がたくさんありますね。

小学生に成長した子供は「ジングルベル」よりも「ジングルベル ロック」のノリに興味を持ったようですが、日本詞がつけられているのを見かけません。

日本詞に訳すセンスもないため、子供にはなんちゃって英語で歌ってもらおうと、それっぽいフリガナを打ってみたところ、英語で楽しく歌えることがわかりました。

 

子供の反応

子供の反応3/4スマイル

英歌詞のフリガナだけでも無断にupすると違法

雪が降るイラスト

せっかくフリガナを打って上手に歌えたので、フリガナ部分だけでも紹介できたらな~と思い、「ジングルベルロック」を管理しているJASRACに問い合わせてみました。

すると、やっぱり・・・な回答が返ってきました。

  • ブログでの読み仮名の掲載=楽曲の改変
  • JASRACへの許諾手続きの前に、作品を改変することについて、関係権利者(作曲者・作詞者・音楽出版者など)から同意を得る必要がある
  • 同意が得られればJASRACへの許諾申請が必要

・・・とのこと。

そういえば、2007年に森進一の「おふくろさん騒動」がありましたね。

そりゃ、作った側からすれば、知らないうちに勝手に意図しない言葉が加えられたら怒りますよね・・・問い合わせてよかった。

 

 

英語歌詞の検索

英歌詞は検索するとたくさん出てきますが、なぜかウイルスソフトが発動するので、私はyoutubeの歌詞付き動画を見てwordに写しています。

フリガナを打つと、日本語ではありえない言葉、「ぴっかぴょっひー」などが出てきて、子供が歌うと とってもかわいいです。

クリスマスのイラスト