料理下手のキャラプレートを何歳まで喜んでくれるのか

かわいい「キャラプレート」はクックパッドなどで参考になるものが沢山ありますよね。もう、芸術の域と言いますか・・・

上手にかわいく、かつ 美味しそうに作れる方には、本当に尊敬します。

私はキャラ弁など作ったことありません。

料理は必要に迫られてしているだけであり、できればやりたくないと思っている面倒くさがりの母親です。

そんな私でも、年1くらいの割合で 子供の喜ぶ顔見たさに、ちょっと遊び心を出して がんばることがあるのです。

さて、8歳になった息子に、まだかわいいプレートは歓迎されるのでしょうか・・・やってみました。

3歳の頃

顔の描かれたオムライス

オムライスに顔をかくだけで、大喜びの頃です。

顔を崩したくなくて、卵をめくってチキンライスを食べていました。

うぅ~・・・かわいい・・・

てか、ケチャップの量少ないですね・・・

5歳の頃

パンケーキに大好きなキャラ「かいけつゾロリ」をチョコペンで描いてみました。

アイデア時点では、最高のパンケーキになる予定だったのですが・・・

かいけつゾロリのパンケーキ

焦げる寸前だわ、チョコペンまだ溶けてないわで、料理下手が一発でバレる出来栄え。

さすがに、これは喜ばないか・・・

と思ったら・・・これまた大喜び!!

8歳

なにげにTVを見ていると、「住宅金融支援機構フラット35」のCMで、お父さんが慣れない料理を作るシーンに「クマさん風に盛り付けられたカレー」が登場。

それを見ていた息子が「かわいい!」と発しました。

(ふふ、聞き逃さなかったよ。)

その晩は即クマさんカレーにしてみました。

さて、喜ぶのでしょうか・・・

クマさん風に盛り付けられたカレー

TVを見ていた息子の前にそーっと、カレーを置いてみました。

見た瞬間、私の方を見て、

「(あーー!!)」と声を出さずに笑顔になっています。

そのあと、変な小躍りもし始めました。

大成功!めっちゃ喜びました!!

低学年まではめっちゃ喜ぶ

今後はどうかわかりませんが、うちの場合は、低学年のうちはめっちゃ喜んでくれるということがわかりました。

私が料理下手、面倒くさがりのため、たまにしかキャラプレートのようなことをしないというのが 喜びやすいポイントなのかもしれません。