ストーリーキューブを手作りできないかな・・・代替品はローマ字表

6つの絵柄が描かれたサイコロ9つを振って、出た目の絵柄を盛り込んだお話を即興で作るというストーリーキューブ・・・

決して高額ではないのですが、絵を描くだけなら自分で作れない?と思いはじめました。

ただ、9つのサイコロを作成は・・・面倒。

ということで、何か絵柄が50種類ほどあって代用できるものはないかなぁ~と考えてみました。

絵柄つきのローマ字表

ちびむすドリルさんで無料ダウンロードできるローマ字表があったので、さっそくプリントアウト。

カットしただけで お話のタネができあがりました。

シャッフルした後に裏返して、私は6枚、子供は5枚を引いてお話を考えます。

私の創作

私の創作カード

むかしむかし・・あるところに

力もちの クマ太郎がいました。

クマ太郎は桃から生まれたので、おじいさんとおばあさんに とてもかわいがられていました。

あるとき、近くので鬼が出ると聞いたクマ太郎は、さっそくを持って鬼退治にでかけました。

犬やサルやキジが「だんごをおくれ」と言ってきましたが、やんわり断ってそそくさと島へむかいました。

島に着くとさっそく鬼がでてきたので、剣を使うのも忘れ、「お庭外ーー!!!」とを打ち付けました。

これには鬼もたまったものではありません。鬼たちは島から逃げ出しました。

そこへ、とらわれていた眼鏡のお姫さまがでてきました。

しかし、クマ太郎のタイプのお姫さまではなかったので、「思ってたんと違う・・・」と頭を悩ませるクマ太郎なのでした・・・おしまい。

子供の創作

子供の創作カード

あるところに、そらたろう という名前の水筒がいました。

そらたろうは風船くんと友達でいつも遊んでいました。

いつものように遊んでいると、どんどん空に上っていき、おさまに到着しました。

お月さまと遊んだ後もどんどん上っていき、火星に到着しました。

火星の水のところでうきわで遊んだ後、地球に帰ってきました・・・おしまい。

やってみた感想

即興で作るので、若干めちゃくちゃな話にはなるのですが、それはそれで楽しく時間を過ごせました。もう一回やろ!!と子供に大好評でした。

さすがに、5回ほどやると絵柄がマンネリ化してしまうため、別のローマ字表やカルタなどを用意したほうがいいかもしれません。

やはり、ストーリーキューブスであれば、どちらとも取れる絵柄や記号、行動なども描かれているので話の幅が広がるのでしょうね。