爪も剥がれる!大人の手足口病の症状は・・・

子供がよくかかる手足口病。疲れなどで免疫力が低くなっていると、大人でも感染してしまいます。

大人が感染すると症状が酷く、爪が剥がれると聞きますが、私の場合も3本の爪が割れて剥がれてしまいました。

以下は 数年前に経験した、壮絶な手足口病の経過です。

※途中、手足の発疹や皮のふやけた状態の画像がありますので、ご注意ください。

※爪の剥がれた画像はありませんので、ご安心ください。

手足口病の経過

-3日目

子供の手足口病の熱も落ち着き、発疹のかゆみもあまりなく、子供、元気!

あ~、よかった。

あら、大きなクシャミ!私のご飯にめっちゃかかったな。

子供の風邪なんて大したことないから、ま~ ええか~♪

・・・この気楽さが地獄の入口でした。

1日目 倦怠感と喉の水疱

子供の手足口病が治りはじめ一安心した頃、強烈な倦怠感と喉の痛み。喉の奥を見てみると喉の奥に1つだけ水疱がありました。

子供の手足口病がうつった!?

最寄りの耳鼻科で診てもらうと…

「う〜ん、1つだけだしね〜。違うかな〜」とのこと。

その夜、微熱が出始める。更に喉の奥の水疱が4つに!!

これ、完全に手足口だな…。ご飯にめっちゃクシャミかかってたしな・・・

2日目 高熱

昼には40.3℃の高熱!!喉も真っ赤にはれ上がっていて、トイレにすら這っていかなければならない状態。

それなのに、幼稚園の出席停止になっている子供が、私の背中をトランポリン代わりに遊び始める・・・助けて・・・

3日目 発疹出現

ゆるやかに熱が下がった分、ラクになったものの、喉の痛みが酷く 声もほとんど出ない。

この痛みを子供も耐えていたのか・・・辛かっただろうに。

いや、普通に食べてたけどな。

手のひらに赤い発疹が少し出てきた。

4日目 発疹の場所がしびれ、痛む

手のひらの発疹
足裏の発疹

徐々に手のひらと足の裏にビッシリ赤い発疹が増え始める。と同時に、すごい痛みとしびれ、そして痒み!!ティッシュを摘むことも難しい。

歩かなくても、長時間正座していたかのように、ビリビリと手や足裏が痛い。

日曜診療にて「手足口病」と診断されるも何の薬も出ず。

市販のかゆみ止め軟膏と保冷剤を併用するも眠れない夜を過ごす。中学生の頃の様に・・・

5日目 かゆみをなんとかして!

休み明けのかかりつけ医にて「典型的な手足口病」と診断され、ステロイド軟膏が処方される。

痒みと痛みに関しては、手のひらは落ち着いたが、足裏はビリビリ健在。

この日も痒み痛みで眠れず。

6日目 回復

ようやく しびれもなくなり、通常の生活ができるようになる。

12日目 皮膚が浮き始める

当時の職場は、小さなお子さんがいる方が多かったため、感染しては申し訳ないので医師の指示により2週間近く欠勤。

この日、治癒の診断となる。

手足の発疹は4~5日で引いたものの、出ていた場所の皮膚が浮き始めた。

なんだか、見た目が汚い。

ボロボロ取れてこなきゃいいけど・・・

ふやけた指の皮

15日目 指が脱皮

予感的中。すごい勢いで手の皮がボロッボロになり始める。

初めて見る人は、何らかの感染症に罹患中と思うに違いない。

仕事中は綿手袋を着用。料理もビニール手袋を着用。

20日目 ようやく・・

手のひらの皮剥けが落ち着き始める。

2ケ月後 爪が割れて剥がれた

私の場合、手指3本の爪が半分から剥がれました。

「剥がれた」というと、相当な痛みがあったのではと思われるかもしれませんが、血が出るとか、痛みがあるということはありませんでした。

爪が浮いてきて 「なんだか変な感じになっちゃったね~」と様子を見ている間に、半分から割れてしまったような感じです。爪の浮いている下には、新しい爪が生えているので特に痛みはありません。

引っかかると危ないので、ちょこちょこカットしているうちに新しい綺麗な爪に生え変わりました。

ただ、3本のうち、1本の爪は元通りにはならず、3ミリほど短くなってしまいました。

足の皮は治りにくかった

足の裏の皮はなかなかボロボロ剥がれてはこず、ふやけたような見た目の状態が半年以上続きました。やはり、足の皮は厚いということでしょうか。

子供の足の小指がスプーン爪に!

手足口病にかかって暫くしてから気づいたのですが、子供の足の小指の爪だけがスプーン爪になっている時期がありました。

靴はいつも定期的に計測して新調していたので不思議に思っていたのですが、伸びた部分をカットすること半年ほどで綺麗な爪に戻ったので、手足口病の影響だったのかもしれません。