【岡本太郎美術館と記念館】芸術は爆発ですよ

ある日、書店で たまたま 手に取った本が岡本太郎の著書でした。

それから、彼の魅力に僅かながらハマり、岡本太郎美術館(川崎)岡本太郎記念館(南青山)を訪れてみました。

 

岡本太郎美術館への道

最寄りバス停のうちの1つ「専修大学前」から徒歩約10分程、

ゴルフ場を通り抜け、

ゴルフ場

緑あふれる小道をぬければ、

岡本太郎美術館への小路

突如として現れる壮大な作品

「母の塔」!

母の塔

近づくと、こうなっています

ここまでの道のりで既に癒し効果抜群で、無用な感情が入ってこない、美術を鑑賞をするには最適な場所です。

 

岡本太郎美術館

坐ることを拒否する椅子、手の椅子、ほか

撮影OK場所より

美術館館内

撮影OK場所より

岡本太郎美術館の館内の作品はどれも、情熱がグイグイ感じられ、おもわず唸りそうになったり、「なんだこれは?」となったり、衝撃の連続でした。

実際に岡本太郎が制作の最中の動画も館内で公開されていました。美術のことは何もわかりませんが、「キャンバスに魂がぶつかっている」と感じました。

ご家族の紹介のコーナーでは いささかほっこりしました。

 

ミュージアムショップ

代表的な「太陽の塔」や「若い夢」の他にも、可愛らしく かつシャレてデザインされたものもあり、所持していて自慢できるグッズが多いです。

私はお楽しみの ガチャとマグカップを購入しました。

ミュージアムショップで購入したもの

左:ガチャ(若い太陽の塔) 右:びじゅチューンコラボのマグ

 

カフェテリアTARO

カフェテリアtaroでナポリタンとコーヒー

店内は明るく、テラス席では自然の中でゆっくり休憩できます。

オリジナルの「TAROブレンドコーヒー」とは、どんな味かと身構えましたが、

意外なことに、とてもマイルドで心落ち着くブレンドでした。

 

鑑賞を終えて

美術館を出て階段を降りると、生田緑地の広場へ向かう道があり樹々の香りがすごい!

しばらくベンチで森林浴を楽しみました。

 

岡本太郎記念館

アトリエ

南青山六丁目交差点の路地を入って少しで岡本太郎記念館があります。

遠目からでも人が頻繁に出入りしているため、すぐにわかります。

アトリエ兼自宅だった館内には、岡本太郎の蝋人形が。

岡本太郎蝋人形

リアル過ぎ!!

 

数多くの作品がある庭にも入れます。

岡本太郎の彫刻作品

どれも かわいい!!

 

 

記念館併設カフェ a Piece of Cake

せっかく記念館にきたので、併設のカフェで一息つきました。

店内もスタッフの方の雰囲気も良く、静かに穏やかに時間が流れて行きます。

 

旧こどもの城

記念館の帰りに、散歩がてら青山通りで「旧こどもの城」の前にある「こどもの樹」をみました。

こどもの塔

一つとして同じ顔がない、それでいて無邪気でかわいい!!

 

DVD「TAROの塔」(2011年NHK「土曜ドラマ」)

太郎が太陽の塔を彫刻する彫刻

記念館の庭にて

taroの塔」はtsutayaで取り寄せレンタルをしました。

岡本太郎の生涯が描かれていて、著書にも出てきた場面が映像化され楽しめました。そして何と言っても、配役が最高でした。

特に松尾スズキ、寺島しのぶが もう本人にしか見えません!!

オープニングは本人かと勘違いしたほどです。

挿入歌である蓜島邦明(はいしまくにあき)の「太古の少年」もイメージにピッタリでドキドキワクワクします!!

 

敬称を略しました

実際にお会いしていない、あまりに著名な人物を「さん」付けにするのは馴れ馴れしい気がしました。

私にとって、岡本太郎は「あの岡本太郎」なのです。