服の穴に手作りワッペンでアップリケ 裁縫下手でもできた 

子供のお気に入りのパンツに穴が開きました。

それでも履きたいと言うので、裁縫下手な私は冗談で「アップリケしてあげようか?」と言ってみると、

まさかの「うん!!」と・・・

手芸屋さんにはかわいいワッペンもあるのですが、せっかくなので手作りしてみました。

デザインを考える

簡単で失敗がないデザイン・・・これと言って好きなキャラもないので、スマイルくんにすることにしました。

用意したもの

洗えるフェルト(アイロン貼り付け可のものもあります)

針、刺繍糸

ボールペン(太字が書きやすい)

円を型どるためのもの(サプリ容器など)

洗えるフェルト

ユザワヤさんで99円でした

ワッペン作り

フェルトにボールペンで円を描き、目口も描きます。

円をかく
目口をかく

目、口を描く

刺繍糸の6本束になっているものから2本を取り刺繍していくのですが、調べたところ、刺繍は玉結びをしなくてもいい方法があるそうです。

1針縫って、次に出てきた針を、前の糸を通した場所に再度通すと、もう外れてこないそうです。なるほど~

刺繍は玉止め不要

口の部分は返し縫い、目の部分は先に縁取りしておいてから、塗りつぶすように刺繍します。

刺繍ふちどり

アップリケにするワッペンができました。

スマイルワッペン

まつり縫いで完成

穴あき部分にまつり縫いして完成。ぐし縫いという高度な?技法もあるようですが、まつり縫いにしました。

まつり縫いで縫い付ける

お! ちょっと かわいいかも・・

初心者にありがちな、下の生地も縫い込むというアクシデントもあったのですが、たった60分でできました!

(60分もかかりましたの間違いですか)

子供の反応

さて、ドキドキの息子の反応は?

できあがり

「ひゃ~!かわいい〜!!ママ、すごい上手だね!アップリケ大会に出ればいいのにー」

とのこと・・・めっちゃうれしいです・・・

60分が報われた瞬間でした。

ついでに旦那はんのパジャマの補修

旦那はんのパジャマがT字状に破けました。あまりに大きいため、補修布を貼ってからの縫い付けです。

補修布を使ったパジャマの補修

ダーク色パジャマのため、明るいアップリケに挑戦です。

予想通り、かわいい感じになりました!

パジャマの補修終了

アップリケの中には「らぶ」の刺繍入りです。笑

赤いハートのアップリケ

旦那はんも喜んでくれて、息子もなぜか喜んでくれました。

前回から少し慣れたため、補修にかかった時間は約40分でした。